医師のコメント

50代女性

湯たんぽで左下腿に受傷。最初に受診したクリニックでは「3日で治る」と言われ、外用薬を処方される。しかし2週間経過しても一向に治るという気配がなく、他の皮膚科を受診。そこでは「これは長くかかりますよ」と言われたが、血行を良くする軟膏を処方され様子をみるようにと。ところが治るどころか次第に痛みが増してきて歩行も困難となり、患部は安静にしててもズキズキと痛みが出るようになった。

何とかならないものかとインターネットで検索し当院を訪れたのはやけどをしてから2ヶ月ほど経っていた。

来院後は日を追うごとに患部の痛みはなくなり、やけど周囲の赤みも消えていった。
来院して約2ヶ月で傷がふさがったが、受傷してから最初の2ヶ月の痛みと苦しみは、なんと無駄な時間だったことか、とのことだった。

写真1 初診時。中央に黒く壊死した皮膚がくっついていて周囲の皮膚が赤くなり炎症症状がひどくなっていた。

写真2 当院の薬で壊死した皮膚ははがれ、周囲の赤みもなくなっている。

写真3 治りモードにはいる

写真4 来院から1ヶ月半で上皮化。今後はなるべく綺麗にするための治療を行う。